頼りになる奨学金

教育ローンと緊急採用奨学金

緊急採用奨学金とは

 緊急採用奨学金とは家庭状況が急変し、家庭経済を安定させる事が難しくなった場合に、在学中でも途中から支援を受ける事が出来る奨学金です。

 家庭状況の急変というのは失業や破産、事故や病気による死亡等、入院等が挙げられます。

 奨学金といいますと、入学前後の申し込み時期に申し込まなければ奨学金の申請は出来ないものであると思われがちですが、実は在学途中でも奨学金の申請をする事が出来るのです。

 現在、日本学生支援機構では「予約採用」「在学採用」という2種類の奨学金申し込み方法があります。

 この緊急採用奨学金とは後者の「在学採用」という申し込み方法の奨学金となります。

 奨学金の存在としては、本来の目的は教育において学生の在学継続を維持させるという目的でありますから、急な家計の経済悪化にも対応することが出来ます。

 それから、緊急採用奨学金の他に、応急採用奨学金という存在もあります。

 緊急採奨学金は緊急時に対応するものでありますので、第一種奨学金となり無利息になります。

 また家計の急変、事故や死亡、失業などの生じた月以降で申込者が希望する月に貸与が開始されます。

 そして採用された年度の4月までさかのぼっての貸与が可能となります。

 この奨学金を受ける事が出来るのは高校、専修学校、大学、短大、高等専門学校、大学院と幅広い学校が対象となり、そこに在学している事が条件となります。

 次に応急採用奨学金ですが、これは第二種奨学金となり、在学中は無利息ですが、その他は上限が3%の利息がつく奨学金です。

 貸与の開始は採用年度の4月以降になり、申込者が希望する月または、標準修業年限が終了するまでの貸与となります。

 対象となる学校は大学・短大・高等専門学校・専修学校(専門課程)大学院に在学している事が条件になり、緊急採用奨学金よりも限られてしまいます。

 どちらにも共通して言える事は、家庭状況が悪化することにより両社の奨学金制度を受ける事が出来ます。

 さきほどでも述べましたが、失業や、破産、病気や事故による死亡。

 そして入院。その他には風水害や火災、地震等により災害、学校がなくなってしまい、やむを得ず他の学校に編入を余儀なくされてしまった場合などでも申し込みする事が出来ます。

 そして緊急に奨学金が必要であると判断されたのちに奨学金を受けられるようになり、奨学金が受けられるの家計急変が起こってから12カ月以内と限定されています。

 また災害救助法適用地域の学生については、申込者全員が奨学金を受ける事が認められます。
教育ローンランキング


Copyright (C) 教育ローンと緊急採用奨学金 All Rights Reserved